ニュース・リリース





「アクアボーイ」ニュースリリース

2013年9月10日

原発復旧作業で活躍する「アクアボーイ」

2007年7月16日10時13分発生した中越地震で、東電刈羽原 発は大きな被害を被りました。上から下に流れ、狭い複雑な隙間にも流れ込むつかみ所のない汚染水は厄介者。当社は東電の要請を受けて 権威のある第三者機関に「アクアボーイ」の成分分析、毒性、燃焼試験を委託。結果、その安全性が立証された為、汚染水を固定する有効な 手段として大量に採用され大いに復旧のお役に立つ事ができました。その実績を踏まえて、2011年3月11日に発生した東日本大震災に よって破壊された福島第一原発内に於いても採用されています。

採用の決め手となったポイントは:
@
中身の超吸水性シートの特性である吸水スピードが高く単位面積当たりの吸水量がきわめて高い。

A
キャピラリー(毛細管)効果により複雑な構造物の隙間から汚染水をポンプ・アップできる。
B
量産化されており安価に又、大量に調達できる。


実際の使用状況


福島原発遠景


「アクアボーイ」ニュース・リリース@


  平成23年11月30日


吸水バッグ「アクアボーイ」福島・
女川原発向けに大量出荷

吸水バッグ「アクアボーイ」はこのたびの震災 ・津波被害を受けた東京電力・福島、東北電力・女川原発でも大量に採用されました。「アクアボーイ」は吸収スピードと吸収量 が極めて高い本来の特性に加えて超吸水性シートのキャピラリー効果により狭く複雑な浸水箇所の水をポンプのように吸い上 げる特性があることが高く評価されたものと思われます。



「アクアボーイ」ニュース・リリースA


平成23年11月30日

東京スカイツリーで採用された土のう代替の
「アクアボーイ」はハイテク技術?

吸水バッグ「アクアボーイ」の最大の特徴は吸水 スピードと吸水量。その特性を生かしてこれまでNTTの通信施設やスーパーコンピュータの天井裏・床下に敷いて万一の水漏れ事故 に備えておりましたがこの度、東京スカイツリーの380メートルに設置されたデジタル放送施設でも大量に採用されました。「アク アボーイ」は土のう代替だけでなくハイテク技術分野でもお役に立っております。

過去のニューストピックスはこちらから。